知的財産管理技能検定2級合格を目指している人のための知的財産検定入門サイトです。知財検定は難しくて苦手という人は大歓迎です。本サイトは、ケータイやスマホでアクセスも可能です。

意匠の同一と類似

意匠の同一とは、
互いの意匠が同一物品、かつ同一形態であることです。

同一物品とは、物品の用途および機能が同一であることです。

同一形態とは、見た目が同一であることです。

意匠の類似とは、
互いの意匠が、同一物品かつ類似形態(同一と類似)、類似物品かつ同一形態(類似と同一)、類似物品かつ類似形態(類似と類似)の3パターンです。

同一と同一であれば、上記の「意匠の同一」であり、物品か形態に非類似があれば、意匠の非類似となることを覚えておきましょう。

<意匠の類否判断手法>
1 対比する両意匠の物品を認定し、類否判断
2 両意匠の形態の認定
3 両意匠の共通点と差異点の認定
4 意匠全体としての類否判断

  • お問い合わせ

スポンサードリンク

知財求人のある求人サイト
(無料転職支援サービス)
【非公開】知財求人を教えてもらえる
スカウトで自分の価値を把握しておこう

知財について

 

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Copyright © わかる知的財産管理技能検定-chizaiken- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.