知的財産管理技能検定2級合格を目指している人のための知的財産検定入門サイトです。知財検定は難しくて苦手という人は大歓迎です。本サイトは、ケータイやスマホでアクセスも可能です。

特許法

特許法の目的は、
発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、
もって産業の発達に寄与することです(特許法第1条)。

<簡単に言えば>
発明(優れた技術)は秘密にされれば、その人の利益になるだけで産業全体は発達しません。

みんなが使えるようなれば、産業が発達します。

だけど、発明者は、せっかくした発明が他人が使いたい放題では、
苦労して生み出した発明を教えたくないものです。

そこで、法は発明を教えてくれれば、その代償として
一定期間(20年間)を発明を保護してあげ、他人からライセンス収入を得ることができ、
その期間終了後は誰でもその発明を実施してもよいことにしています。

このように、発明の保護と利用とのバランスにより産業を発達させようとするものなのです。

特許法は、この考えを基本として成り立っています。
つまり、わからない問題はこの考えを基本にすれば解答できる場合があります。

  • お問い合わせ

スポンサードリンク

知財求人のある求人サイト
(無料転職支援サービス)
【非公開】知財求人を教えてもらえる
スカウトで自分の価値を把握しておこう

知財について

 

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright © わかる知的財産管理技能検定-chizaiken- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.