知的財産管理技能検定2級合格を目指している人のための知的財産検定入門サイトです。知財検定は難しくて苦手という人は大歓迎です。本サイトは、ケータイやスマホでアクセスも可能です。

特許を受ける権利

特許権は、特許査定を受け、設定の登録により発生します。

しかし、特許査定を受けるまで長い期間を要します。

このため、この特許権が発生するまでの期間の出願人(発明者)の利益を保護するための権利が「特許を受ける権利」です。

特許を受ける権利は、発明の完成と同時に発明者に発生します。
※出願と同時ではありません。

発明者は、自然人のみです。
※会社などの法人は、発明者にはなれません。

特許を受ける権利は、他人に移転することができます(特許法第33条)。

「移転」には、一般承継(相続等)や特定承継(譲渡等)があります。

特許出願前に特許を受ける権利を承継する場合には、出願が第3者対抗要件です。
※第3者対抗要件とは、

特許出願後に特許を受ける権利を承継する場合には、登録が効力発生要件です。

 

特許を受ける権利を持ってると何ができるの?

■特許出願することで一定の要件を満たせば、補償金請求権を行使できる(特許法第65条)。

■他人に仮専用実施権を設定できる(特許法第34条の2)。

■他人に仮通常実施権を設定できる(特許法第34条の3)。

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

スポンサードリンク

知財求人のある求人サイト
(無料転職支援サービス)
【非公開】知財求人を教えてもらえる
スカウトで自分の価値を把握しておこう

知財について

 

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright © わかる知的財産管理技能検定-chizaiken- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.