知的財産管理技能検定2級合格を目指している人のための知的財産検定入門サイトです。知財検定は難しくて苦手という人は大歓迎です。本サイトは、ケータイやスマホでアクセスも可能です。

職務発明

職務発明とは、以下の3つの条件を全て満たすものです(特許法第35条)。

■従業者等がした発明
■使用者等の業務範囲に属する発明
■従業者等の職務に属する発明

※従業者等は、会社の社長や役員を含みます。

<ポイント>
職務発明になる場合とならない場合とを区別できるようにしましょう。

従業者等が職務発明をした場合は、特許を受ける権利を使用者等に譲渡させる規定を勤務規則に規定することができます(予約承継)。
この規定があれば、企業は、職務発明があれば、自動的に特許を受ける権利を有することになります。

なお、職務発明ではない場合の予約承継は無効です(特許法第35条第2項)。
また、このような勤務規則がなくても、企業は、発明者が特許を取得した場合には通常実施件を有します(特許法第35条第1項)

従業者等は、特許を受ける権利が使用者等に予約承継される場合には、相当の対価を受けることができます(特許法第35条第3項)。

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

スポンサードリンク

知財求人のある求人サイト
(無料転職支援サービス)
【非公開】知財求人を教えてもらえる
スカウトで自分の価値を把握しておこう

知財について

 

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright © わかる知的財産管理技能検定-chizaiken- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.